結婚相談所 口コミ 評価 

賢いアドバイス・ためになりそうな情報について

結婚相談所,口コミ,評価,

結婚相談所の口コミ投稿について調べてみると、感情的になりすぎて客観性を失っているものや、一般常識に欠けた質問を多く見かけられるが、せっかくなので、yahoo知恵袋などを掲示板で良くある質問と、それに対する賢い答え、そしてそれに対するコメントをまとめてみたいと思う。

 

それぞれを集めていくと、おそらく悩み別に類型化・情報の集約化ができ、うまい対処法などが見つかると思う。なるべく多くの情報を集めるために、婚活ブログなどのアドバイスも参考にしていきたい。意外と2CHなども的を得ている情報も散らばっているので、いくつかはまとめようと思う。ある程度まとまったらカテゴリを分けて分類してみる。


男の婚活なんて恥ずかしいと感じていたが、友人にやや強引に誘われて婚活パーティーに参加したのがわたしの婚活の最初の一歩だった。

 

パーティーに参加してみると自分のように若い20代の男性の姿もけっこうあり安心したのを覚えている。

 

女性の方も自分と同い年くらいの若い方から年上のしっかりした方まで色々で、想像していたものとは少し違っていた。わたしの婚活パーティーのイメージは、婚期を逃した人ばかりが集まって血眼になって結婚できる相手を探している、というものだったからだ。
そのパーティーで同い年くらいの男女と知り合い交流を深める中で気づいたのが、婚活は若いうちからはじめた方が良い人と出会える確率が圧倒的に高いということだ。

 

 

20代の男性の婚活が婚活に関して考えておくべき重要な点

 

若いうちは考え方も柔軟で沢山の事柄を吸収し学ぶことが出来るので、婚活を通して自分の本当の好みを深く知ることができるうえに、女性についても多くを知りたいという意欲を長く維持することができる。

 

そうした経験を積み重ねていると、だんだんと知り会う女性が自分と合うかどうかを判断する感覚が身についてくるのだ。

 

それに女性は、男性が結婚に意欲的であるというだけで安心感を抱くようにも感じる。

 

そうした安心感を持った状態の女性は早い段階で自分自身のありのままの姿をこちらに見せてくれるため、自分にとって良い人かそうでないかがすぐに判断できるのだ。

 

一応言っておくと、この判断する部分で大切なのは「自分にとって良い人かそうでないか」という点だ。他人から見て良いとか世間から見ると良いとかでなく、結婚においては「自分にとって良いか」が最も重視すべき点だ。

 

他人同士が協力し合って人生を共に生きていくのが結婚なのだから、他人や世間は全く関係ない。
そういったことにも婚活をしていく中で気が付くことができた。

 

それに、付き合いが長くなってしまうと人間には「情」というものが生まれる。これは愛情と似て非なる感情なのだが、これに流されて結婚して痛い目を見ている人も大勢いるのが現実だ。

 

30代後半や40代でこのような事態に陥ってしまっては取り返しがつかない。
その点、20代のうちから婚活を行って相手を見る目を培っておけば、ありのままの姿を見せはじめた女性を冷静にジャッジメントすることが可能なのだ。

 

さらに言えば、歳を重ねてから焦って婚活をするとどうしても選択の中に妥協が生まれる。

 

もう自分にはこの先いい出会いなんてないかもしれないという気持ちがそうさせるのかもしれないが、そんな考え方では到底良い人とは絶対に出会えない。これも婚活をしていく中で知り合った男性が教えてくれたことだ。

続きを読む≫ 2016/09/14 12:56:14

正直言って街コンは結構楽しい。気軽にたくさんの異性と話せるし、会場には女子大生からイケメン社会人まであふれていてテンションが上がることはまちないない。アイドルグループがたくさん集まると一人ぐらい自分の好みの相手が見つかるように、雰囲気的には楽しめる。

 

ただ、結婚相談所や婚活パーティーと比べると、あまりにも結婚までのプロセスが長すぎる。ストレス解消や飲み友達を探す程度なら良いけれど、年齢もある程度行ってしまっていたら、毎回友達と街コンで相手の品定めをしている時間の方がもったいないのかもしれない。今回はそんなレポート

 

街コン,婚活,難しい,遊び,友達どまり

続きを読む≫ 2015/10/19 15:45:19

アンケートを取ってみたが、アラサーはまだまだ婚活本番だと思えるが、20代の時にもっと真剣に出会いを探しておけば良かったと後悔する人が多い。地方だと30代での結婚相談所が年々厳しくなっている様子。

 

オーネット,ツヴァイなどもシニア,中年コースを次々つくっているが、やはり若くて体力もあって精力もあって行動できるうちに何かしらツテを広げた方がよさそう。

 

アラフォーに尋ねたアンケーと調査の一位は「親に申し訳なくなってきた」。「後は将来の介護の事を考えると大変。だということ」。「病気の都の不安」これが断トツ。

 

 

都心部だと一人でご飯を食べる所が多く、特に不満は感じないらしいが、地方都市だとそんなに飲食店がそろっていないので一人で毎日食事を作って食べるのがつらいとのことだった。

 

一方アラサー世代はお金の悩みが多い気がする。家族の心配が本気で降りかかっていないのかな?

 


セレブ系にオシャレな格好で行けば圧倒的に女性はもてるのだけどな・・。男性にお金がかかるのは納得。ということで以下にまとめました。

続きを読む≫ 2014/11/05 09:35:05

婚活,不安,40代,一生独身

はたから見るとなぜあの人に彼女や彼氏ができないのか?そう思えるのに本人はかなり深刻に悩んでいる。

 

「実際に自分はアラフォーになってしまったし、このまま一生一人で生きていかなければならないのか?」

 

「友達との会話がかみ合わなくなってきた!」「孤独死は避けたい」「プチうつになってきた」などなど悩みは深刻。

 

ただ、それは一人じゃないよ?ということで実際にアンケートをとってみた。100名ぐらいが答えて下さったが、やはり身近に本音で相談できる人がいないというのが共通の悩み。やはり友達と人生を支え合うのは厳しい。

 

肉親だから、家族だから頼れる部分はあるのだと思う。

 

続きを読む≫ 2014/05/30 12:13:30

アラフォー,40代,独身,孤独,辛い

アラフォー独身男女に匿名で孤独の不安と悩み、婚活の切なさについて聞いてみたので報告。実際に20代〜30代までは何とか一人で楽しく生きれたけれど、40代になって友達が結婚,遊び相手が減る。親に介護が必要になる。親戚からのプレッシャーが半端ない。病気の時に一人で料理などを作るのがとても虚しいなどの声を沢山いただいた。

 

婚活についても、もっとまじめにやっておけば良かった!ケチってないでどんどん登録していろんな人と会っていれば運命が変わったのかも。という投稿が非常に多かった。いろいろみて思ったのが、別に結婚はしなくてもしあわ汗になれると思うが。「頼れる友達の数」だけはある程度確保しておいた方が良いということ。

 

交流パーティーなら友達ができる。直接お見合いパーティーなどに参加するのがめんどくさい場合はネットの結婚相談所を使って同世代の友達を作るなどの対策を早めにした方が良いと思う。生涯の飲み友を作っておきたい。

続きを読む≫ 2013/12/11 10:45:11

結婚相談所,彼氏がいる,罪悪感,バレる

女性の場合20代の後半を迎えてくるとかなり結婚に対して焦ってくると思う。婚活手遅れなどの言葉が躍り、30代になってからは一気に条件が悪くなることは薄々気づいていると思う。セックス&シティーなんて世界はドラマの中だけである。

 

でも現在との彼氏との関係を見てみると、彼は仕事で忙しかったり、連絡が途絶えがちになっていたりしている・・・

 

あれ?もしかして彼は将来のことを考えていないのかな?そんな思いに駆られると思う。特に年齢差がある場合はもしかして遊ばれているだけ?なんて悩みも多い。

 

かと言って今すぐ結婚相談所に駆け込むのも気が引けるという人に向けて本音のところを話したい。

 

 

続きを読む≫ 2013/10/18 09:12:18

婚活,セックス,エッチ,

婚活をしているうえでかなり重要なことなのでセックスについては深堀して述べておきたい。女子トークでもかなり男性とのエッチのことで盛り上がると思うが、実際に男性も「この子としか生涯sexができなくても大丈夫か?」と値踏みしているのである。

 

結構表に出てこない情報であるが「初めてのお互いのセックスは生涯男性の脳にも刻まれる」あまり体の相性が良くないこと後数年も交わるのか?

 

他の可能性を投げ捨てて一人に絞っても良いのか?モテる男。条件の良い男は性格がどうであれ、真剣に悩むのである。

 

その際、次に会うことはないな?もう無理かも・・・と思うこわーーい事実。特にアラサーの女性はこの一言に気を付けてほしい。

 

それは、自分の口臭と体臭。さらに突っ込んで言えばアソコの匂いなどである・・・・。

続きを読む≫ 2013/09/11 12:03:11

最近読んだ本である、結婚を後悔しない50のリストの中にも述べられていたが、人生で一番大きく後悔するのは、仕事選び以上に結婚相手によるものであるそうだ。確かに転職のキャリアアップとうのはあるが、バツイチによるキャリアアップというものをほとんど聞いたことが無く、一度失敗すると取り換えが付かないという声が大きいのもうなずける。

 

ここで紹介する破綻夫婦にまなぶ失敗例をもとに、あなたにどんな相手がふさわしいのか?優先順位を示唆できれば良いと思う。

 

@ 仕事と家庭の分担状況
結婚したら家庭の事をやってくれるつもりが、全くの別人だった・・・。ということは良くある。恋愛は良い面だけを見せ合うので、しっかりと事前に話し合うor結婚相談所のスタッフに希望を言っておく必要があるだろう。

 

A 家族の価値観と教育観

 

育ちによって子育ての教育観が違う。甘えられて育った子は自分の子にも同じようなことを要求する。資産家どうしの結婚ではこのような事が起こる。相手がどんな経緯で育ってきたのか?それも視野に入れて考える必要があるだろう。

 

B 将来設計とキャリア設計

 

いつまでにリタイアするのか?家は賃貸なのかマンション購入なのか?郊外でも良いのか?都心部じゃなければだめなのか?親の介護まで含めて、先に計画を練っておこう!男にとって仕事の優先順位はかなり高いはず。愛だけが全てなんて甘いものではない。キャリアプランを相手に提示し納得してもらわなければ、一生後悔が続くだろう。

 

続きを読む≫ 2013/05/03 12:44:03

独身生活のだと、どこで聞きつけたのか自然と業者が寄ってくるのがウザい。こっちは独身で満足しているのに!(男性)

適齢期になるとデータがどこからか漏れて、結婚相談所のDMが入ることも。私の知っている限りでは親が心配になって勝手に相談所に申し込むケースが多いようである。

 

病気の時かなぁ。身寄りが全くいない人の入院手続きってどうするんだろうって思います。身寄りが全くいない人ってこれからどんどん増えてきますよね?どうなるんだろう?疑問だ。(女性:30代)

孤独死の問題は前々から指摘されている。スマフォだといざという時にボタンが押せないなどのデメリットがある。入院の手続きも親がすでに死んでいる場合もあるし、連絡が大変。

 

1980年代 親、特に私の場合父に申し訳なく。病気、老後もそうだが、意外と目がいかないのが保険。
個人年金、ガン保険、死亡保険金受取人がいなくなったら…

 

叔父叔母、いとこなどに持って行かれるとも(または国庫へ)。付き合いもない人にあげるために保険料払いたくない。
しかしあの世へ金は持ってゆけない。(30代:男性)

保険を一人でかけ続けるといざという時に遺産でもめてしまう。熟年離婚で独身になった場合などはこの傾向が強い

 

病気は大敵。
ここ数年で入院二回、手術一回したけど一回目の入院は自分で荷物かついで、二回目は手ぶらで拘束された。手術は親族の同意が必要だから田舎から親を呼び出すはめになった・・・

これも同意見である。実家が遠い場合結婚しないデメリットは多い。それなのに地方の結婚相談所はあまり設備が充実していないのが難点。敢えて東京や大阪で婚活という選択肢もありだと思う。

 

が基本的に一人でも平気やし孤独視しても仕方も良いと思ってるけど周りからいろいろ言われるのが辛いかなぁ。 ずっと地元の村社会的なところで暮らしてるから近所のおっちゃんおばちゃんに会うたびに言われるのがちょっとね・・・
あと古臭い考えかもしれんけど自分の代で家系が終わることが一番申し訳ない。 

一人っ子の場合は、自分の代で家系が終わってしまうという悩みが以外と多い。地方では冠婚葬祭の集まりが多く、そのたびにぼそっと言われると心苦しい気持ちは十分わかる。この点も独身を貫き通すなら考えるべきだろう。

続きを読む≫ 2013/05/01 15:49:01

40代,アラフォー,婚活,方法,実態

30代までならある程度のスペックさえあれば婚活は何とかなる。人のいない所に行くのは論外だが、人数がそれなりに集まる出会いの場に行けば少なからずとも異性の相手とアドレス交換までは行くだろう。特に男性の場合。しかし女性の場合40代は相当大変。婚活市場において非常に中途半端な状態

 

男の場合でも37,38歳ぐらいから、お見合いパーティーの年齢制限もぎりぎりで参加制限に引っかかり、条件に合うとなると、今度は自分が一番年下になってしまう。ここに婚活地獄と婚活疲れに悩む世代が発生する大きな原因がある。

 

じゃあ街コン?ネット?という代替手段もあるが、そのころになると街コンに一緒に参加してくれる相手がいなかったり、ネットも仕事が忙しくでというかパソコンにが苦手でだめという人も多い。

 

そこで今までの経験を通じて有効な考え方を書いておこう。

続きを読む≫ 2013/03/22 18:50:22

お見合いパーティー,プロフィール,嘘,偽名

今日の話題はブログの方に質問が多いものを取り上げます。婚活で使うプロフィールは本当なのですか?ということなのであるが、結婚相談所の場合は学歴,経歴,年収においては概ね本当なのであるが、婚活アドバイザーさんが低すぎる年収だと相手にされないというアドバイスを送るために「見込み年収」を書く人がいる

 

良くあるアルバイトの時給800円〜1500円と同じで、ボーナスによって100万ぐらいは上下する。だからあまりにも条件検索を厳しく設定しない方が良い。もちろん自分の条件が良いのなら別だが。

 

またお見合いパーティーの自己プロフィールに関しては結構サバ読みがあるという投稿はある。自分で書くプロいフィールカードなので、当日スタッフがチェックすることは不可能である。

 

だからと言って詐欺師が紛れ込んでいるか?というとそうでもなくほとんどが普通の一般人。やはり、人間同士のコミュニケーションスキルを高めるのが一番良いだろう。会話から相手の知性,論理性,判断力,感性を見抜く努力がないと、口車に乗せられて後で痛い目を見るだろう。

 

続きを読む≫ 2013/03/14 00:47:14

二回目のデートが断られる理由と言うのは、当たり前だがデートの時に何かしらの失敗をやらかしているからだ。その理由の中でも、最も多いのが、楽しくなかったからということ。

 

でも、デートだから、男性だってかなり気を遣って女性が楽しめるように工夫をしているはず。それなのに楽しくないということは、気を遣うポイントが間違っていたということだろう。だけど、これから親しくなるのだから、勘違いをしてしまうのはしょうがないことだ。

 

二回目のデートを断られないようにするためには、次に会う約束を取り付けてしまうことが一番だ。その方法はいたってシンプルだ。女性が食べたいもの、見たい映画、行ってみたいスポットなどを聞き出すこと。

 

女性が行列の出来るラーメン屋さんに行きたいなら、「自分も1回食べてみたかったから、来週でも行こうよ」と誘ってみる。

 

これから公開になる映画が見たいなら、「自分も見たいから見に行こうよ。いつが空いている?」などとさりげなく約束をしてしまう。

 

例え、デートがあまり楽しくなかったとしても、ある程度自分に気を持ってくれていて次のデートが自分のしたいことが出来るデートと分かっていれば、女性も一緒に来てくれる。

 

二回目のチャンスがあれば、デートのイメージを払拭することだって可能だ。

 

相手にしてみたって、一度はデートをする気になっているのだから、少なくとも好感は持っているはずだ。から、とにかくデートだけに浮かれることなく、忘れずに次のデートに繋がる約束をしておこう。

続きを読む≫ 2012/11/18 14:02:18

婚活,別れる,フラれる,過去,トラウマ

婚活をしているとどうしても昔付き合った、彼氏や彼女の良い思い出、またはすごく嫌な思い出にとらわれてしまい、前向きになれないという人もいる。ひどい別れ方やフラれ方をすると、心の傷が残ってしまうのだ。

 

結婚相談所やお見合いパーティーで嫌な目に合った人なども同じ気持ちを抱くのは十分わかる。かといって一生独身のまま、老後を一人で迎えるのは不安・・・。

 

こうして時間だけが過ぎていくのであるが、やはり人は一人では生きていけないのではないだろうか?やはりベストなパートナーがいた方が、子供や家族を持った方が人生の後半は特に楽しめると思う。そこで婚活の失敗や過去のトラウマから立ち直るための簡単なアドバイスを書こうと思う

 

・パーティーに参加して空気を換えること
・とりあえず誰でもいいから話すこと
・体を動かしてみること
・時間を無駄に使わないこと
・同性の友達を作ること

続きを読む≫ 2012/11/15 16:52:15

プロポーズ,される,方法

結婚相談所やお見合いパーティーでいい男を捕まえた!絶対に逃したくないのでこのままプロポーズまで持っていきたいという人のために、よくある失敗談をもとに、どのようなアプローチで彼らに迫っていけばよいのかを記述する。題して「モテる条件の良い男にプロポーズされる方法だ」

 

まずは典型的な失敗例から先に話したい。どうも女性が書いた女性雑誌を読むと「小悪魔テク」みたいなものが先行してしまって誘惑に走りがちなのだが、それでは彼氏はできても結婚相手にはフラれるという悲しい結果になることがほとんど。

 

なぜなら小悪魔テクは基本的にセックスアピールを第一に出すことが多く、だからこそ、セックスしたら男は去っていくのである。まずはイケてないというものを箇条書きにする

 

【 焦って失敗する典型例 】

 

1 いきなり呼び名を変えてしまう・ニックネームをつける
→ 自分の彼氏だよ!みたいなアピールは痛いくらいに分かる。しかし早めにやりすぎると違和感を覚える人がほとんど。せめて下の名前に「○○さん」位が良いはず!焦りがバレた瞬間に男は逃げる

 

2 他の女の子を追及する
→ 当然お見合いパーティーや結婚相談所に何も知らないいい男が来れば、一気に出会いが増えてしまい。自分が婚活市場ではもてる男であることを知る。ちょうど大学一年生・新社会人の女の子がちやほやされるのに似ている。

 

だからと言って「他にもお見合いパーティー言っているの?」なんて連発すると拘束が厳しい子と認識され、これまた追われるから逃げるの法則に陥る

 

3 早めにHし過ぎる
→ 他にも書いたが、とりあえず3回目ぐらいまでは慎重に行こう!去り際にほっぺにキスならありなのだが、欧米人の婚活に比べて日本人はHまでは早い気がする。

 

 

 

続きを読む≫ 2012/11/10 00:22:10

本気で婚活をしています!本当に結婚したいと思っています!でもどうしてもできないんです、うまく行かないんです!!という相談に乗ってきたので、彼女を含めてちょっとだけアドバイスを書こうと思う。

 

出会いの数を増やしているのにどうしもて結婚までたどり着かないのはどうしてだろうか?悩み別箇条書きにし、解決法を考えてみる。

 

1 結婚したいレベルの人に会えない。
ある程度の異性との付き合いはあるし、合コンに全く呼ばれないこともない。アドレス帳には友達レベルならOKの男のリスト・女のリストが入っているが、結婚となると話は別。

 

自分と同等か、それ以上のレベルでなければ結婚したくないという思いを下げられないと、この状態が永遠に続く。それを解決するには彼氏を「育てる」という意識。生理的に×、骨格的にNGなどでなければ、相手にも伸ばせるポイントがある。

 

2 付き合ってもすぐにフラれる。
お見合いパーティーや紹介制の結婚相談所は一回目のデートまではセッティングしてくれるが、それ以降は本人の努力。さすがに毎回保護者のようにデートについて行って逐一アドバイスをしてくれるわけではない。デートをするごとに相手のモチベーションが下がるのはどうしてか?

 

それは自分と付き合うメリットをデートの間にうまく伝えられてないこと。例えば金には心配ないとか、介護は親が自分で見るとか、子供の勉強と躾は私がやるとか、数字に強くて家計のサポートができる。料理が好きで、栄養面で支えられるなどなど、一押しのポイントがない人は、複数と出会いのある婚活市場では負け組になる。

 

3 多分見た目(顔で)アウトになっている?
アラフォーで結婚できる女性というのは基本的に「外見が美しい」お見合いパーティーなどでも20代を押しのけて男性の輪ができる。どうしても顔がヤバいという人は、そのヤバさを隠すグッズを利用するべき

 

例えばメガネ・スカーフなどは大きなイメチェン。髪形も同様。つけまつげも工夫。まず第一ステージに乗っているかどうかは極めて大切。イメチェンしたパターンの写真をネット系婚活サイトに複数載せれば、男の反応は一発でわかる。単純すぎてびっくりすると思う。

 

恥ずかしがらずに美容院やデパートに行って、男性受けする○○にしてくださいと頼もう。後は自分と似た顔、体系の女性で、カップルになっている人を見つけ、相手の顔を良く見てみよう。お見合いパーティーなどのフリータイムは絶好の観察の場である。

 

4 メールが続けられない。
一度婚活で失敗したり、告白してフラれたり、メールがいきなり音信不通になったりと、トラウマになった人ほどメールに固執してしまう。実はメールと言うのはコミュニケーションの中の一ツールに過ぎない。メール10通と電話一通は同じ効果であることを知っているだろうか?

 

昔の人がなぜ真剣交際まで行ったのか?というとコミュニケーションツールの変化が多いのである。どのタイミングでも良いのだが、電話で話すという行為を続けてみよう。本当に婚活がスムーズにすすむので!

 

 

 

続きを読む≫ 2012/11/05 10:39:05

婚活というか、恋愛において最もむなしいのが無視されること。お見合いパーティーはこの状況が顕著であり、フリータイムに、全員の前で、モテる女とモテない女がさらされることになる。かわいい子・愛嬌の良い子の周りのは男の群れが、どんなに男余りでも人気のない子の前に座る男はいない。

 

これは女性にとってかなりの苦痛。携帯やスマフォの画面をしきりに眺めたり、となりの子と話しているが、内心ものすごく傷ついているのだと思う。「私の何がいけないの?」「ここまでの仕打ちを受ける理由は?」「お金はらってこれ?」という不満が2CHなどの書き込みへと転化する

 

でも、ちょっと待ってほしい。この状態に陥るのは容姿以外に理由がなかったのであろうか?自分と同じレベルの女の周りに男がいるのはどうしてなのだろうか?この不可解な現象になっている理由をちょっとだけリアルに解説したい。これは婚活全体で女性がもてるコツなので体得した方が良いだろう。

 

@ 男があなたと結婚する理由を伝えられたか?
かわいい、セックスしたい、Hしたい以外の理由として、自分と付き合う理由、メリット、特になるポイントを伝えられているだろうか?現在の制度では男は結婚したら財産を失う、恋愛のチャンスを失う。などのデメリットが多い。

 

もちろん社会のシステムが男性有利にできており、女性に不公平であるのは認めるが、そのうえで、男性に特になるポイントをセックス以外にアピールできていなければ、男は寄ってこない。もちろん、セックスアピールがある子は全ての理屈を通り越してモテているのだが、自分が弱者であれば、男に特になる点をアピールする必要があったのでは?

 

A 口説く隙を十分与えていたのか?
別に軽い女になれ!とか、ナンパされやすくなれ!とか言うわけではないのであるが、男が誘いやすいネタを作っていたのか?楽な女とは言わないまでもデートの口実のようなものをさりげなく言っていたか確認してみよう。

 

簡単な手段で言えば、トマトパスタならどこにでもついていく見たいなものでOK!そういうわかりやすいものならば男は一生懸命調べ上げる。

 

B 一人で行ったのか?
はっきり言って、友達と2人で来ている地点で、いい男と出会えるチャンスは半減していると考えた方が良い。二人組はその日にデートできないし、めんどくさいのだ。二人で来るつもりだったけど、ドタキャンになった位の言い訳を用意して、本気で婚活するのであれば一人参加は必須だろう。

 

C まあまあエロいファッションにしたのか?
セックスできない男と付き合わないのは逆の立場でも一緒。ミニスカートでなくても良いが、モテたいのならば露出は必須かもしれない。正直不細工でもエロければもてます。本当に真実です。それだと、やり捨てされそうと思うかもしれないが、別にHしなければいい。スタートラインに立ってないのはもったいなさすぎるだろう。

 

 

D 結婚において男が嫌がる要素を知っているか?
ちょっと深い話だが、男が結婚を嫌がる理由をいくつあげられるのか?それを知っているのがモテる女との決定的な差。そもそもそれを知っている子はお見合いパーティーなどには参加しないのであるが、一度リストアップしてみると良い。

 

 

E ほめるべきポイントを知っているか?
男は社会に生きる物。初めのトークタイムの時に、男心をくすぐる言葉を吐いているかどうかで勝負が決まるもの。社会における存在価値をほめられる子は不細工でも本当にもてる。ゲイバーなどに学べといいたいが、男脳を理解している子は最高。

 

F 自分を落としすぎていないか?
無視される理由は容姿だけではない。自分を必要以上に卑下する必要はない。アピール方法を知らないだけなのに、ネガティブなオーラや発言をするのは意味がない。もっと達観して男を眺めよう。

 

 

 

続きを読む≫ 2012/11/01 00:53:01

結婚相談所,避ける,おすすめしない,信頼

もし現在自分が入ろうとしている結婚相談所がメジャーではなく、口コミ自体が少ない、またはまったくないという場合、相談員の熱意に負けて入ってしまうと後で大きな後悔が待っていることも。ここでは避けるべき結婚相談所と、無名結婚相談時を判断するときのチェックポイントを紹介。

 

何を一番重視したいのかは本人次第だが、いろいろ以下の項目を相談員にぶつけてみると「カモ」とみなされず、料金だけとるようなまねはしないと思う。

 

参考と分析はyahoo知恵袋より

 

@ 入会人数の数え方は適切か
会員の人数は「延べ人数」なのか「実人数」であるのか?中小結婚相談所の場合は何かしらのグループに入っているので、その入会者が新規登録者として計算されていることもある。今入ろうとしている相談所が複数の団体と契約している場合は、グループの入会者が全てカウントされてしまい不正確。

 

A 仲人協会、良縁ネット、良縁会、NNR,JBA,全ブ連、IBJ,仲人連合会、BIUなどに入っているか?
グループ団体は結構叩かれているので個人的にはそれほど信頼はおいていないが、一応チェックポイントになると思う。それよりも運営年数などの方が良い気が・・・。

 

B 成婚率は妥当なのか?
この口コミで一番賢いコメントだし、共感もできるので引用したい。

「成婚率○○%」と具体的に記載されてる場合は要注意。それだけ多くの成婚者がいるなら毎月の成婚率も変わるはずです、それを何ヶ月も同じ数字を記載しているのはおかしいのでは・・・

 

その通りで、成婚率が高いというのは怪しい。。「交際率」「出会い率」などと混同しないように。

 

C 喜びの声は本物か?

成婚者からの手紙などの掲載がある場合には、内容、文章体、筆跡を要チェック。自作自演も・・・(若い人からの手紙なのに異様に達筆であったり、やたらに仲人を褒めたり、感謝したりは怪しいかも・・)

 

このサイトでもやろうと思えば「無限」に作れるし、そういったことを専門に扱う業者だって存在している。自由書き込み掲示板やブログを運営している経験から言わせてもらえば普通の口コミと言うのは8割以上が不満。2割が悩みと応援になるものである。

 

結婚してから結婚相談所に書き込もうというエネルギーがある人はメチャクチャまれ!相談所によっては「いい感じのカップル」に「お金を払う」「新婚旅行」「食事をプレゼント」してモデルになってもらう場合もあるのだが、こんなカップルは奇跡。

 

D 運営年数は長いのか?
小規模で運営年数が浅いところは、大手から写真やデータを回してもらっている傘下企業に過ぎない。要はAで挙げた団体にお金を払って、自分の近所の登録者のリストをもらうというだけで、成婚実績などが、その会社なのか、団体に属するものなのかが実績が非常にあいまい。

 

E 人数が多いのかどうか?
メチャクチャ大切だと個人的には思っている。人数が多く、パーティーが多いところならばすぐに広まっていく。恋活サイト:500万人→婚活サイト:50万人→大手結婚相談所:2〜3万人→中小相談所:数千人という具合になっている。人数が多ければいいのか?というわけではないが、それだけ多様な価値観の人が集まっているので確率論的には高い。

 

男性40代後半・女性30代後半で低年収低学歴などが結婚できるのは実際にここであげるような「恋活サイト」で友達からというスタートが多い。高いところは最後の最後で良いと思っている。

 

F カフェなどでうまい話を吹き込まないか?
カフェなどに「連れ込んで」うまい話を吹聴→そんまま近くの支社でイメージDVDやセミナー参加などがひっかけの王道パターンである。よく考えてほしい。相手に自信があるな後日でもいいではないか?

 

G 先に少額手付金を請求しないか?
詐欺系の結婚相談所にある手口。手付金を振り込んだら最後。気を付けてほしい。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2012/08/21 09:49:21

結婚相談所,乗り換え,時期

結婚相談所というのは「出だし」こそ勢いがよいものの、入会して半年が過ぎ一年が過ぎると、紹介数の数が減り、現状のままでいいのか?新しいところに乗り換えるべきなのか悩みが出てくると思う。せっかく高い入会金を払ったのに、成婚できないなら払い損。業者丸儲けでは面白くないはず。

 

そこで相談員に文句を言ってさらに自分の「やる気」が無くなる前に、乗り換えのタイミングと最終的なチェックポイントを設定したい。最低限以下のところを確認してから退会するようにしよう。

 

1 相談員やスタッフの変更は可能か?
人間関係のトラブルほどテンションを下げるものはない。一度でも変なスタッフに当たると一気にモチベーションが下がってしまうのであるが、それは個人の問題である場合が本当に多い。「あなたの担当は私!」と強気で来られても、書面上にそんな契約がない場合は変更してもなんら問題はない。

 

ただ単に「スタッフ変更ペナルティー」が課せられているだけで、相談員が必死になっているだけかもしれない。もしできるなら他の相談員複数と合ってみよう。一度目の婚活をしていれば直感で「できるスタッフかどうか?」がよくわかるはず!

 

2 他県のお見合いパーティーに参加可能か?
実際に多くあるのが自分の地域ではお見合いパーティーの回数が少なく、同じような人ばかりという悩み。マイナーで少人数だと毎週末参加しても出会える人は限られている。

 

大手の場合は県外のパーティーにも参加できる。首都圏なら隣まで電車で1時間程度。足を運ぶ価値は十二分ある。そもそもお見合いパーティーと言うのは場所の特性がでる。いる所に人が集まっているだけなので、移動できないかどうかスタッフに相談してみよう。

 

3 プロフィールの書き直しをしてもだめかどうか?
結構初心者にありがちなのがこれ。とくに「変な写真」を一枚でも載せている人は要注意。まさか証明写真で婚活のプロフィールを撮る人はいないと思うが、写真が印象の90%を決めるくらいの覚悟で、服装やアクセサリー、角度などにこだわってみよう。修正写真は問題あるが、「角度によっては美人&イケメン」ということも多々ある。

 

また、プロフィールの変更も大きなカギ。婚活をしていく中でどんなタイプがおおいのか?だんだん見えてくると思うのでもう一度魅力あるプロフィールなのかを比較しよう。ちなみに一番参考になるのは「他人のプロフィール」同じくらいのスペックをもった同性のプロフィールを見比べること。

 

 

4 プランの変更をしてもだめなのか?
ここは注意が必要なのだが、紹介人数UPのプラン変更の方が新しく結婚相談所に入会しなおすより料金が安い場合がある。当然確率が高くなるし、高い料金を払った分、いい人を紹介するという特典もある。ただし、スタッフサイドからこの手の発言が「盛んに」出た時は要注意。アパートの更新時期に大家さんが上手い話を言うのと一緒で、手数料の更新料金目当てという場合もある。

 

ちなみに結婚相談所のスタッフでバリバリの営業系は社員室の壁に「新規獲得」「延長獲得」「成婚実績」の棒グラフなどがあり、スタッフ同士の競争力をあおる所もあるそうだ。競争心があるのはスタッフのやる気UPにはいいことだが、「とにかく金!」と頭の中がなっている相談員の場合は要注意。

 

5 お見合いパーティーなどで同性から情報を得ること
ネットなどで探すよりも一番信頼のある情報は同じ登録者同士。パーティーやイベントに参加した際に思い切って情報交換してみよう。どうせやめてしまうのならライバルではなくなるわけだし、有力な情報がつかめることが多々ある。また、そこでできた友達と二人で行動することにより、合コンや他のパーティーに出る時にかなり有力な「ツール」となりうる。

 

ひとり参加不可能の街コンなども二人なら参加可能。最後には同性の友達を作る場所と割り切って使い倒すぐらいの気持ちでも良いのでは?

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2012/08/13 15:56:13

結婚相談所,相性

結婚相手に求める条件として「相性」というものがある。多くのマッチングサイトは相性の一致を売りにしており、条件の欄に事細かく書き込むと、理想の相手が一覧表示される仕組みとなっている。マッチコムやエンジェル・エキサイト相性診断は科学的なデータに基づいており、結構信頼もおけるのだが、ここで別角度から攻めてみたい。

 

よくよく結婚したカップルを見てみると、結婚相手との相性というのは「自分の育った環境と一致する」「もしくは真逆」というパターンが多く。簡単に言うと「自分の親とそっくりな性格」または「真逆」の性格ということである。

 

やはり何十年も家庭生活を共にしてきた家族は婚活観に大きな影響を与え、そこを参考にしながらいつの間にか相手選びをしている人が多いのではないだろうか?過去に付き合った彼氏や彼女もどこか親と似ていると安心するという面がないだろうか?

 

この考え方を利用すれば、一つ目の結婚相談所では親と同じような条件を入力、もう一つでは真逆の性格を入力してデータをとり、実際にデートしてみると、自分の理想の相手が見えてくると思う。ネットの婚活サイトなら登録と紹介だけなら無料に近いところも多く、逆パターンを入力することで、別人格としての自分も見えてくるのだと思う。

 

よく芸人が外では明るく、家では暗いなどと言われるが、自分も会社では明るく笑いに満ちた生活をしているが、家に帰ってからは口数が少なくなり、あまり話さない方がリラックスするということもあるのである。婚活に迷いがでてしまったら、もう一度家族を振り返ってはどうだろうか?

続きを読む≫ 2012/08/09 21:42:09

結婚相談所,セックス,タイミング,期間

まず、一番初めにここから始めたいと思う。なぜならば女性の本質的な悩みだからだ。結婚相談所で理想に近い相手を見つけた場合、もしくは好みのタイプを見つけた場合、どのタイミングで体を許すのか?遊び相手で終わってしまわないのか?そのように悩む人も多いだろう・婚活掲示板などを見てもディープな質問はこの手の類が多く、どうすれば相手が真剣なのかどうかは測り兼ねるというわけだ。

 

とくに結婚相談所の場合はどんどん相手が紹介されている状態なので、二股・三股関係になるのは日常的、昔のように、セックス=婚約とはならないので、悩むところだと思う。

 

では結論から言ってしまいたのだが、男性から言えばもちろん!?一回目が理想なのだが、本能はおいて置いて、セックスのタイミングとしての理想は4回目のデートが良いと思う。

 

その理由はなぜか? もっと早く(遅く)だとだめなのか?

 

早い時期のセックスに関して言うと、確かに一回目のデートでセックスした方がその後の関係が盛り上がる場合もあるのは事実。なぜならば、男性は多くの場合愛情と性欲を混同してしまうので、一度目のセックスの後は感情的な思い込みが下がる場合が多く、好きだと思っていた相手が、実は性欲の対象だけだったということに気付くからである。

 

逆に言うと「一度目が終わってから」が本当の勝負とも言える。「セックスしてもまた会いたい」と思う女性こそ結婚相手にふさわしいと感じるからだ。

 

結婚相談所,セックス,タイミング,期間

しかし、この考え方には「遊びだけの関係」というリスクが女性側に伴うのは事実。一度「いい思い」をしてしまうと「他にもあるのでは?」という思いにとらわれ、次の相手に進んでしまう人は多いはず。だから、個人的には1回目のデートでは最高でも「キス」ぐらいがいいと思う。

 

ではなぜ四回目なのか?というと、いろいろ見てきた中で、はっきり言って性欲オンリーで動く男の場合3回までは「デート」だけで満足できても、何も触らせてくれない相手と「4回」もデートするのは面倒!と考える人が多いからで、恋愛とセックスに関してはここが大きな分岐点になってくるのではないかと思われる。

 

 

だが、気を付けてほしいのは、遊ばれるのが嫌だからと言って4回目のデートまではガチガチにガードして、指一本さわらせないような行為。

 

これだと逆に「脈無し」と判断されて、いい男に逃げられるということになる。結婚相談所は常に二股状態なので、別の人に感情が移ってしまうことも多い。

 

個人的には2回目ぐらいまでならキスはOK。4回目ぐらいまで粘れば男女とも本気になっている確率が高いと思う。

 

続きを読む≫ 2012/08/08 23:28:08

全部行った!出会えるパーティー全一覧比較!

ホーム RSS購読 サイトマップ
パーティー攻略情報へ ディスコクラブ情報へ 早く恋人を作るコツ homeへ 動画で比較